Q: ハワイの島々にはどんな種類のイルカが生息していますか?

A: 主には3種類のイルカが生息しています。バンドウイルカ、マダライルカ、そしてハシナガイルカです。一番遭遇率が高いのはハシナガイルカです。ハシナガイルカはハワイ諸島には3000頭あまり生息していると言われています。

 

2

 

Q: ハシナガイルカの名前の由来はなんですか?

A: くちはし(口吻)が長いという外見的な特徴に由来しています。ちなみに、英語名はSpinner Dolphinといい、アクロバティックなスピン(Spin)ジャンプが得意なことに由来しています。

 

1
Q: どうしてハシナガイルカの遭遇率が比較的高いのですか?
A: ハシナガイルカは夜になると狩りに出かけますが、日中は浅瀬で休息をとりながら穏やかに泳いでいます。イルカは半球睡眠といって左右2つある脳のうち片方だけをお休みさせることができると言われています。
4
Q: ハシナガイルカは何を食べているのでしょうか?
A: 小魚、エビ、イカを食べていると言われています。それらは、日中は海底に沈んでいて、夜になるとやや海面に近い中間層に浮上してきます。体が比較的小さいハシナガイルカは、獲物が近くにある夜の方が狩りをしやすいようです。ちなみに、バンドウイルカやマダライルカは体が大きく、深いところにいる獲物でも捕まえることができるため、昼夜問わず狩りをしていることが多く浅瀬での遭遇はめずらしいのです。
DSC_7122
Q: ハシナガイルカは夜狩りをするのに獲物が見えているのでしょうか?
A: イルカは自ら発する超音波の反響(エコー)によって、ものの位置、距離、形、性質までを認識することができると言われています。その特殊な能力は反響定位とかエコロケーションと呼ばれています。水中は空中よりも約5倍の速さで音波が伝わります。そのため、エコロケーション以外にも音波を使った仲間同士のコミュニケーション能力がイルカには備わっているとも言われています。
 20160101D1B7
Q: 実際にイルカの発する声(音波)を聞くことはできるのでしょうか?
A: 弊社ツアーで入水した際、水を伝ってイルカの鳴く声(音)が聞こえてくることがあります。あたりにイルカの姿が見当たらない場合でも、音だけが聞こえているということもしばしばあります。
 イルカベスト3
Q: イルカの赤ちゃんは何月ごろ生まれるのでしょうか?
A: ハシナガイルカは妊娠してから12ヶ月ほどで赤ちゃんを産みます。特定の出産シーズンはなく、一年を通じてイルカの赤ちゃんを見られる可能性はあります。(ツアー当日の群れに赤ちゃんが含まれているかどうかは、その時の状況によります)赤ちゃんはよくお母さんにぴったりくっついて泳いでいることが多いです。
20151202D1j3-300x199

Call Now